ワキガのセルフケアの方法について解説します。

脇の汗のにおいが強く臭うことで、周りに迷惑をかけやすいと言われるワキガ。ワキガに悩んでいる人は男女問わず多いものですが、そのようなワキガのセルフケア方法にはどのようなものがあるでしょうか。ワキガは根本的に治すには病院で治療を受けるのが良いですが、こまめに対策をすることでにおいをかなり抑えることができるようです。

まず大事なのは、ワキガは汗をかくことによって発生するため、汗をかいたらすぐに汗をふいたり、汗をかきそうなタイミングの前には、制汗スプレーなどを使うことで、汗そのものの発生量を抑えることが良いようです。また、ワキガはアポクリン汗腺から出る汗が雑菌に分解されることによって起こるため、この雑菌の量を減らすことも効果的と言われており、除菌シートなどでワキをふいておくと、汗をかいても強い臭いがしない、とも言われています。他には、制汗スプレーを使う場合には、無香料のものを使う、というのも大事なようです。香り付きのものの場合、ワキガの臭いが軽減したとしても、その香料と臭いが混ざることによって変な臭いになるため、かえって周りに臭いを意識させる結果となるためのを防ぐためと言われています。

頭皮のかさぶた対策